Jazz Soft お問い合わせ   JazzSoft@live.com     日本語   英語  日本語  中国語(繁体字)  中国語(簡体字)
工場自動化と歩留り管理ソリューション 
Skip Navigation Linksホーム > 製品一覧 > Swing
Swing ActiveXコントロール   



Swing ActiveXコントロール

    SwingはSECS-I(SEMI E4)、SECS-II(SEMI E5)、HSMS(SEMI E37)の開発支援ツールです。 ホストやプロコン(プロトコルコンバータ)を開発するのに使います。
    GEM対応装置を作成する場合にはbopを推奨します。

  • 値段が安い - 初期費用0円、1本85,000円~
    ほとんどの会社が「開発ライセンス」と称し、開発する前に数百万円規模の費用を要求してきます。 これは家賃に例えるなら「礼金」に相当し、契約を打ち切っても戻って来ません。 また「年間保守契約費」などの形で常にお金を支払わさせる場合もあります。 弊社ではこのような請求は一切行っておらず、問い合わせやバージョンアップも無償で提供しています。

    また他社は価格を公表しておりませんが、弊社はホームページ上で値段を明らかにしていますので、わざわざ見積もりを取る必要はありません。 もちろん購入本数に応じた割引金額も一目瞭然です。

    Swing価格表
    注文本数 @単価
    1 140,000円
    2~10 120,000円
    11~50 95,000円
    51~80 90,000円
    81~ 85,000円
  • 開発言語を選ばない - VC++、VB、Visual Studio 2017対応

    G社はVisual Basicには対応しておらず、T社はC++に対応していません。 SwingはActiveXをサポートする言語であれば、Microsfot Visual C++、Visual Basic、C#、Borland C++ Builder、Delphiなどさまざまな言語を使って開発することが可能です。 もちろん最新のMicrosoft Visual Studio 2017にも対応しています。

    またG社の取扱説明書は英語ですが、Swingは日本語と英語で記述されています。

  • 無料試用版がある - 購入前に評価可能

    試用版をダウンロードしていただき、実際の良さを確かめることが可能です。もちろん費用は0円。購入前にじっくり検討できますので安心です。

  • 開発が速い - SMLで記述

    せっかく安く購入しても開発に時間がかかったのでは、人件費で余計にかかってしまいます。 Swingは内部にSMLダイナミックコンパイラを実装しており、メッセージを簡潔に記述できます。 プログラムの行数が少なくなれば開発期間も短くなり、バグも減少します。

    業界で最もシェアを持っているといわれているGW-Associates社(現在はAsyst社の一部)のプログラムと比較して、いかに簡潔に記述できるかを見てみましょう。 ここではC++言語で記述してみます。

    Visual C++ (GW-SDR)

    bool SendS1F3()
    {
        Emesg.stream = 1;
        Emesg.function = 3;
        Emesg.wbit = 1;
        Emesg.length = sizeof(EMsgBuffer);
        Emesg.buffer = EMsgBuffer;

        SdrItemInitO( &Emesg );

        // 事前にリストアイテムの個数(ここでは2)が必要となる
        if ( SdrItemOutput( &Emesg, S2_L, NULL, (SDRLENGTH)2 ) < 0 )
            return false;

        unsigned long lParamU4 = 5;     // SV : 5 Control state
        if ( SdrItemOutput( &Emesg, S2_U4, &ParamU4, (SDRLENGTH)1 ) < 0 )
            return false;

        lParamU4 = 17;                  // SV : 17 Process state
        if ( SdrItemOutput( &Emesg, S2_U4, &ParamU4, (SDRLENGTH)1 ) < 0 )
            return false;

        SdrRequest(SdrIdEqp, &Emesg, &Etkx);

        UpdateEqpSECS();

        return true;
    }

    Visual C++ (Swing)

    void SendS1F3()
    {
        // msg.SetList("s1f3w{<u4 5><u4 17>}");
        msg.SetList(
            "s1f3w"
            "{"
            "  <u4 5>"    // SV : 5 Control state
            "  <u4 17>"   // SV : 17 Process state
            "}"
            );
        secs.Send(msg.GetMsg());
    }

    GW-Associates社のソースコードを見て何が書いてあるか一目で分かるでしょうか? このメッセージを理解するにはプログラムのコードとして「読解」する必要があり、非常に分かりにくくなっています。 それに比べてSwingのソースコードは視覚的に捉えることができ、プログラミングの知識のない方でもSEMIの文献や通信仕様書を見たことがある方なら、何が書いてあるかが理解できるはずです。 また、行数を比べてみてもGW-Associates社のプログラムは17行、Swingではわずか2行で記述できます(上の例では可読性を上げるために改行しています)。

    プログラミングの内容についても分かりやすくなっています。 GW-Associates社のプログラムではリストアイテムの個数を事前に知る必要がありますが、Swingでは含まれているアイテム数から自動的に計算しています。 このリスト項目数の間違いは最も頻繁に発生するバグの一つですので、その苦労から解放されます。

  • 高い信頼性
    Swing、bop、Savoy コンポーネントは、10年以上に渡って下記半導体工場で稼動している装置=ホスト間通信システムに使用されています。

    • SONY
    • IBM
    • AMD
    • 東芝
    • 松下(パナソニック)
    • シャープ
    • 三洋
    • NEC
    • トヨタ
    • エプソン
    • 三菱
    • 富士通
    • デンソー
    • 沖電気
    • 住友
    • 川鉄
    • 日鉄
    • PSC
    • ProMos
    • TSMC
    • コマツ
    • 信越半導体
    • 三益
    • ローム
    • Siltronic
    • SOITEC
    • Sumco
    • On Semiconductor
    • Linear Technology
    • Philips
    他...
お問い合わせ   JazzSoft@live.com
  Copyright © 1997 - 2018 Jazz Soft, Inc.